「ラニチジン塩酸塩」の患者様のお手元製剤回収についてのお知らせ

2019年10月19日

病院長 小林 進

回収経緯と理由

ラニチジン塩酸塩を原薬とする製剤において、発がん性物質であるN-ニトロソジメチルアミン(NDMA)が管理水準を超えて検出されたため、各製造販売業者が自主回収を行っています。

当院では、すでに処方を停止し別の薬剤に変更し対応していますが、お手持ちの医薬品の中に、回収対象薬品(下記)がございましたら、自己判断によって服用は中止せず、お薬を受け取った保険薬局/医療機関にご相談下さい。

 

回収対象薬品

 ザンタック錠75、ザンタック錠150

 ラニチジン錠75mg「マイラン」、ラニチジン錠150mg「マイラン」

 ラニチジン錠75mg「YD」、ラニチジン錠150mg「YD」

 ラニチジン錠75mg「KN」、ラニチジン錠150mg「KN」

 ラニチジン錠75mg「サワイ」、ラニチジン錠150mg「サワイ」

 ラニチジン錠75mg「タイヨー」、ラニチジン錠150mg「タイヨー」

 ラニチジン錠75mg「ツルハラ」、ラニチジン錠150mg「ツルハラ」

 ラニチジン錠75mg「トーワ」、ラニチジン錠150mg「トーワ」

 ラニチジン錠75mg「日医工」、ラニチジン錠150mg「日医工」

 ラニチジン錠75mg「JG」、ラニチジン錠150mg「JG」

 

NDMAによる影響

 NDMAは発がん物質であり、重篤な健康被害に至る可能性は否定できませんが、これまでに発がん性を示唆する事象は認められていません。

 

お問い合わせ先

総合高津中央病院 TEL 044-822-6121(代表)

薬剤部 医薬品情報管理室(内線1414)


▶お知らせに戻る

TOPへ戻る