学校のご紹介 教育課程 学校生活 募集案内 アクセス お問い合せ
           

 

   高津看護専門学校は昭和54年4月に総合高津中央病院を母体として設立された看護学校です。当時の理事長であった故加藤守正先生が医療を通じて地域社会に貢献したいとの思いから、患者さん中心の地域保健・医療・福祉を実現するにはなにより親切・迅速・奉仕の精神をもつ看護師の育成が重要と考え、本校を設立されました。

 本校はすでに准看護師という資格を持った方々が、さらに自らのキャリアアップのため看護師を目指して学ぶところですから、衛生看護学科あるいは准看護師養成所を経てストレートに本校に入学される方はもちろん、また様々な人生・看護経験を積んで社会人として立派に成熟された方が入学されることも稀ではありません。このような実に多様な学生が互いにまじりあって切磋琢磨しているのが本校の日常の姿です。看護師を目指す准看護師のみなさん、学ぶことに年齢制限などありません。さらに自らを高めようとする学びの中にこそ、あなたの明るい豊かな人生が開けます。

  高津看護専門学校
  学校長  穴澤 貞夫

 

  本校は、保健・医療・福祉の各分野で活躍する優秀な看護職の育成を目的として、昭和54年4月、医療法人社団亮正会総合高津中央病院を母体として設立されました。亮正会グループでは本校の他、健診センター・人工透析センター・介護老人保健施設・介護老人福祉施設・訪問看護ステーション等を開設し、トータル医療ネットワークをめざしています。
 

・修業年数/2年(2年課程・全日制)
・取得資格/看護師
・定員/40名
教育理念
健全な社会人としての豊かな人間性を培うとともに、健康生活を営むための社会のニーズに的確に対応できる看護基礎的能力を養う。
生命の尊厳を基礎として、あらゆる健康レベルにある対象者に、科学的な根拠に基づいた看護実践ができる専門職業人を育成する。
教育目的
豊かな人間性を培い、看護実践者として必要な知識・技術・態度を修得し、社会のニーズに対応できる有能な人材を育成する。
教育目標
・健全な社会人として、豊かな教養を身につける。
・看護の対象である人間を総合的に理解し、尊重する態度を養う。
・看護に必要な知識を活用し、科学的根拠に基づいた看護が実践できる基礎的能力を養う。
・保健・医療・福祉における看護の役割を認識し、社会のニーズに対応できる基礎的能力を養う。
・自ら研鑽する態度を身につけ、自己の看護観を育てるとともに専門職としての研究的態度を養う。
本校のあゆみ
1978年12月27日
1979年 1月20日
1979年 4月10日
1989年11月 1日
1995年 1月23日
2000年 2月25日
2010年10月31日
2020年 4月 3日
看護師養成所の指定を厚生(労働)大臣より受ける
専修学校(専門課程)認可 神奈川県知事
第1回生入学
創立10周年記念式典挙行
文部省告示により専門士の付与校に認定
創立20周年記念誌発行
創立30周年記念誌発行
第42回生入学 現在に至る

 

 

総合高津中央病院
総合高津中央病院ホームページ

  トップページ 学校紹介 教育課程 学校生活 募集案内 アクセス お問い合せ 総合高津中央病院
  高津看護専門学校 〒216-0005 神奈川県川崎市宮前区土橋4-2-6 Tel.044-855-9449 Fax.044-855-9451
  
Copyright(c) 2007 Takatsu Nursing School, all rights reserved