部門紹介


画像診断部

業務内容

 画像診断部では主にX線を用いて人体を画像化し診断価値の高い医療情報として提供、管理する部署です。 常勤放射線科医師2名と連携をとりながら専門的な画像情報の提供をおこなっています。
 各画像診断装置は定期的に保守点検を実施し、検査の安全性、信頼性の確保に努めています。


特色

一般撮影

 人体にX線を照射して写真を撮る検査です。撮影箇所は必要に応じて全身が対象となります。CRシステムが導入されており、撮影は全てデジタル処理で行われているため、撮影後の確認が早くできることが特長です。

注意事項


乳腺撮影

 マンモグラフィと呼ばれる検査です。デリケートな部分の検査ですので、当院では認定資格を有する女性技師が全件対応しています。(予約制)
 日本人女性の乳がん罹患率が増加傾向にあるため検査数も増加しています。

注意事項


X線TV検査

 X線透視を使用したデジタルX線TV検査です。バリウムなどを使用した消化管撮影は有名ですが、当院では、内科、外科、整形外科、婦人科、小児科依頼の特殊検査にも対応しています。

注意事項


X線CT検査

 当院では80列のマルチスライスCTを導入しています。あらゆる診療科からの依頼を受け、全身の検査を実施しています。また、造影剤や薬剤を併用しながら心臓の冠動脈を画像化するCT検査が可能になり、検査を実施しています。

注意事項


MRI検査

 1.5T(テスラ)の装置を導入しています。当部署で唯一X線を使用しない検査装置です。X線CT検査同様に、全身の検査を実施しています。検査時間は30分~1時間と長いですが、様々な方向の画像、特徴的な画質の画像が得られるのはMRI検査の特長です。

注意事項


骨密度測定検査

 当院では、手首(前腕骨遠位)を、約1分間計測することで骨密度を測定する装置で実施しています。
 高齢者の増加に伴い、男女を問わず検査を受けられます。検査を受ける際に負担の少ない検査方法だと考えます。

注意事項


血管造影検査

 循環器内科医師が心臓血管センターを構成し、看護師、臨床工学士とともに入室しています。
 カテーテルや造影剤を使い、心臓の冠動脈の検査、治療、そして数多くの四肢末梢や体幹の血管治療を実施しているのが当院の特長です。

注意事項


臨床検査部 中央検査室

業務内容

 主に患者さまから採取した血液・尿・便などの検体を検査しています。
 検体検査には生化学検査、血液検査、免疫・血清検査、一般検査、細菌検査、病理検査、細胞診検査などがあります。


生化学検査

 血液中の成分を測定することで、肝臓や腎臓など体の中の各臓器が正常に機能しているかどうかを調べます。


血液検査

 赤血球や白血球などの数や血色素の測定、細胞の種類を検査して貧血の状態や血液疾患の有無などを調べます。血液の凝固に関する検査も行っています。


免疫・血清検査

 肝炎、梅毒、HIVなどの感染症の検査や腫瘍マーカーなどを測定しています。血液型や輸血に必要な製剤が患者さまに適合するかどうかの検査も行っています。


一般検査(外来検査室)

 尿中のタンパクや糖、潜血の有無を測定し出現する細胞に異常がないかを調べます。また便の潜血反応も調べています。ほかにも 精液検査、髄液検査、穿刺液検査、尿素呼気検査などを行っています。


細菌検査

 喀痰や尿などから身体に異常をきたしている菌の種類や薬の効き具合を調べます。また、院内感染対策として薬剤耐性菌の発生状況なども調べています。


病理検査

 体の一部から採取した組織を薄く切り、染色をして顕微鏡で病態を調べます。


細胞診検査

 子宮がん、肺がんなどを 検体を用いて炎症の程度や腫瘍の有無を調べます。


その他、インフルエンザやノロウイルスなどの迅速検査も行っています。


特色

 検査室ではできる限り迅速で正確な結果を診療科に提供できるよう努めております。また、夜間休日の緊急検査もスタッフが交代であたり急な輸血検査も対応しております。
 検査の「質」としても、外部精度管理サーベイに積極的に参加して優良な成績を修めております。


臨床検査部 生理機能検査室

業務内容

 患者さまのからだを対象とし身体機能をみる検査を行っています。そのため患者さまのご協力が必要となる場合もあります。
 生理機能検査には心電図検査、超音波検査、血圧脈波検査、脳波・神経検査、呼吸機能検査、聴力検査、睡眠ポリフラフィ検査などがあります。


心電図検査【注意事項】

 心臓の電気的活動を波形として記録する検査です。痛みもなく短時間で不整脈や心筋梗塞、心肥大など心臓に関して多くのことを知ることができます。24時間記録のホルター心電図【注意事項】や、検査用の階段や自転車で運動負荷を加えた運動負荷心電図検査【注意事項】も行っています。


超音波検査【注意事項】

 プローブという超音波が出るハンドスキャナのようなものを体に当てて、内部の構造を調べる検査です。超音波の臓器への跳ね返りを利用しているためエコー検査とも言うことがあります。腹部・表在超音波検査では内部の臓器の大きさや形、腫瘤などがないか、血管超音波検査では血流量測定や血管が狭くなっている場所や詰まりがないか、心臓超音波検査では大きさや形の他に心臓の動きや血液の流れを調べます。検査担当外科医師が診断のために穿刺をする乳腺超音波検査も行っています。


血圧脈波検査

 足や腕、手指・足趾にカフを巻いて圧をかけ、血圧や脈波を調べる検査です。下肢血管の狭窄・閉塞具合や血管の硬さ(動脈硬化の具合)を調べるABI/PWV【注意事項】、皮膚表面に近い血管に流れる血圧をみるSPP(皮膚組織還流圧)【注意事項】があります。


脳波・神経伝道速度検査

 脳波検査【注意事項】は大脳の活動電位を波形として記録する検査で、てんかんや頭部外傷、脳梗塞や意識低下などの鑑別・診断のために行います。頭にたくさんの電極を付けて長時間安静にしてもらうため、小さいお子さんは眠くなるお薬を飲んでから検査を行うこともあります。当院の脳波室はシールドルームになっているため、ノイズの少ない精度の高い検査結果が得られます。
 神経伝道速度検査【注意事項】は主に足や腕などの神経に電気刺激を加え、目的の神経の状態を調べます。当院では神経内科医師が検査を行っています。


呼吸機能検査【注意事項】

 口だけで息を吸ったり吐いたりして肺の大きさや機能をみる検査です。ぜんそくや肺気腫(COPD)といった病気の診断や、麻酔を使う手術の前に行います。お薬を吸入する前後に検査し効果判定を行うこともあります。


聴力検査【注意事項】

 耳の聴こえを調べる検査です。どの高さの音が、どれだけ聴こえにくくなっているか、また左右差があるかどうかを鑑別していきます。防音室を設置しており精度の高い検査が行えます。鼓膜や中耳の状態を調べるチンパノメトリーや、顔の神経などに関わる耳小骨筋反射検査も行っています。


睡眠ポリグラフィ検査【注意事項】

 寝ている間に無意識に呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群の鑑別として行います。体格や骨格によって気道が狭くなる場合の他に心不全等で起こる場合もあり、分類を行います。


その他、移動の難しい患者さんに関しては病棟や外来・救急室に出張して検査を行っています。


特色

 検査に対する不安から緊張してしまうこともあるため、十分な説明と笑顔で接することを心がけています。
 一人の患者さまに多くの検査項目がある場合もあり、できる限り効率よく各種検査を受けられるように、また必要な検査結果が迅速に揃うように生理機能検査室ではスタッフのチームワークで対応しています。
 また循環器外来(心臓血管センター)と同フロアに位置しており、診療科とも連携をとって「血管ラボ」として血管関連の検査に力を入れています。
 超音波検査では各領域の認定資格を持った超音波検査士(体表臓器領域、循環器領域、消化器領域、泌尿器領域、血管領域)が在籍しており、質の高い検査が行われています。
 検査室内で不定期に勉強会や症例検討会を行っており、検査技術のレベルアップを図っています。


リハビリテーション部


リハビリテーションとは(医学的リハビリテーション)

 怪我や病気によって、日常で自然に行っていた動作が困難になることがあります。困難と感じる動作に対して、障害された部位や残された部位を最大限に生かし、生活しやすくすることをリハビリテーションといいます。リハビリテーションに携わる職種として、以下の三職種が主に担当し、治療を行います。


理学療法士

 理学療法士とは運動機能の改善・維持を目的に運動や温熱などの物理的手段を用いて治療を行う専門職です。主に立つこと・歩くことなどの日常生活活動の改善を図り、最終的には生活の質の向上を目指します。


作業療法士

 作業療法士とは作業活動(日常の諸動作・仕事・遊びなど)を通して身の回りの動作や日常に関連した動作の改善を図る専門職です。その人らしい生活へ向けた作業活動を提案することで脳や精神、運動機能の回復を促すとともに、自助具の作成などを行うことでより生活しやすい環境をつくっていきます。


言語聴覚士

 言語聴覚士とは、ことばや聞こえなどのコミュニケーション機能に問題がある方・食べることや飲み込むことに問題がある方・記憶障害などの高次脳機能障害をもつ方に対して、支援する専門職です。主に話すことや食べることなどの日常生活活動の改善を図り、最終的には生活の質の向上を目指します。


リハビリテーションの流れ

 主治医からのリハビリテーション指示をもとに、ベッドサイドもしくはリハビリテーション室にて担当技師が必要な検査を行い、個々の症状や状態に合わせて治療を行っています。退院後の生活や自主トレーニング方法の指導も退院時に行っています。


※主な対象疾患はこちら
※外来でリハビリテーションをお受けになる方へ


スタッフ紹介

 リハビリテーション部は理学療法士・作業療法士・言語聴覚士とリハビリ助手が在籍しています。


施設基準

  • 当院の施設基準は下記を取得しており、整形外科をはじめ、多くの診療科に携わっています。
  • 患者さまの状態や今後のリハビリテーション計画を月に一度ご説明させていただいております。
主な疾患内容
脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅱ) 脳卒中、脊髄損傷、脳の外傷、中枢神経の変性疾患、腫瘍、脳血管の異常、脳炎、小児発達障害など
運動器リハビリテーション料(Ⅰ) 手足や脊椎の骨折、腰痛、頸部痛、肩関節周囲炎、退行変性疾患、腰椎椎間板ヘルニア、靭帯損傷、変形性関節症、四肢の切断、様々な運動器由来の疼痛など
心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅱ) 心筋梗塞、狭心症など
呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ) 慢性閉塞性肺疾患、肺炎、結核後遺症、喘息、全身麻酔術後の肺機能低下など
廃用症候群リハビリテーション料(Ⅱ) 糖尿病、高齢、慢性腎不全、下肢閉塞性動脈疾患、術後体力低下など

特色

 平成29年2月にリハビリテーション室は地下1階から1階へと移動しました。それに伴う改修を行い、窓が多く、明るい環境下でリハビリテーションを提供することが可能となりました。
 リハビリテーション部の方針として、明るく親しみやすい雰囲気作りに努めています。患者さまへの接し方はもちろんのこと、スタッフ同士が気軽に相談しあえる雰囲気も特徴の一つです。
 当院は急性期病院であるため、主に急性期リハビリテーションを提供しています。また、運動器疾患をはじめとして呼吸器疾患や循環器疾患など、多くの疾患に対するリハビリテーションを担当することが可能です。
 在宅復帰以外にも回復期病院への転院や介護老人保健施設への転所を円滑に行うために、医師や看護師、ソーシャルワーカーとカンファレンスを定期的に開催しています。
 通常の機能訓練以外にも褥創回診への参加や糖尿病教室における運動指導も行っています。
 院外で開催される学会や講習会の参加を推奨しており、病院から補助を受けることが可能です。また、得た知識の共有および各技師の技術向上を目的とし、月に一度、部内勉強会を開催しています。


リハビリテーションの実施時間について

平 日 9:00 ~ 12:30 13:30 ~ 16:00
土曜日 8:50 ~ 12:30

※平日の午前中は外来患者さま優先、午後は入院患者さま優先の時間帯となります
※土曜日の午後・日曜日・祝日は休みとなります


外来リハビリテーションについて

  • 外来リハビリテーションをお受けになる際は、外来の診察にて主治医によるリハビリテーション指示が必要です。入院中から継続し外来リハビリテーションへ移行される方も同様となります
  • 外来リハビリテーションの効果や進捗状況の確認のため、二週間に一回以上、医師の診察をお受けいただきます
  • 平日の午後に来室をご希望される場合、入院患者さま優先の時間帯となっているため、担当技師と事前に時間を打ち合わせのうえご来室ください
  • 体調管理の一環として、入室前に血圧測定を行っています。計測値が基準範囲外の場合には当日のリハビリテーションがお休みになる場合がありますのでご了承ください
  • 他院にて手術をされた部位や物理療法(温熱療法など)のみの場合は当院ではリハビリテーションを提供することはできませんのでご了承ください

栄養部

業務内容

入院患者さまの栄養管理

《入院時食事療養》

  • 栄養管理の目的
    医師を中心としたチームの一翼を担い、患者さま個々の治療食に合わせ美味しく安全に調理し患者さまの疾病治療に貢献します
  • 食事時間
    朝食 8:00 昼食 12:00 夕食 18:00
  • 行事食
    年間20回の行事食があります(季節のお弁当)
  • 春 花見弁当(普通食)
    春 花見弁当(ペースト)
    初夏 紫陽花弁当
    秋 紅葉弁当
  • お誕生日食
    入院中にお誕生日を迎えた方へ提供しています

《栄養指導》

  • 個別指導
    主治医からの依頼が必要です
    場所 2号館1階栄養相談室
    時間 1回30分
  • 予約枠
    9:30
    10:15
    11:00
    14:45
    15:30
    16:15
  • 集団指導
    <糖尿病教室>
    医師・看護師・薬剤師・臨床検査技師・理学療法士・管理栄養士からなるチームで開催しています。
    開催月 7月・9月・11月・2月
    場 所 2号館1階 ラウンジ
    時 間 14:00~15:30
  • ポスターPDFリンク

  • 特定保健指導(動機付け)
    管理栄養士が初回・中間・評価と3カ月おきにアドバイスいたします。
  • お知らせ
    *近日選択食再開予定

CE部

業務内容

 現代の医療は様々な医療機器に支えられ、より高度で安全な医療を行えるようになりました。しかしながらその進歩のスピードは速く、専門家の誕生が望まれていました。そこで誕生したのが臨床工学技士です。臨床工学技士は主に呼吸・循環・代謝機能を代替・補助する機器の操作及び安全管理を行うほか様々な医療機器のメンテナンスや点検を行っております。


人工透析センター業務

 透析業務の全般を行っております。人工透析が安全に施行できるようメンテナンスなども行っております。人工透析センターでは人工透析のほか、LDL吸着療法や二重濾過膜法、血球成分除去療法、腹水濾過濃縮再静注法などの業務を行っております。


カテーテル室業務

 医師の介助を行うほか、ポリグラフの操作、補助循環装置の操作、治療デバイスの操作などを行っております。


ペースメーカー業務

 植え込み時には術者の介助及びアナライザー操作、外来ではプログラマーにてペースメーカーチェックを行っています。


病棟業務

 急性血液浄化、生命維持管理装置の使用中点検、人工呼吸器のセッティング、使用中点検
 閉鎖式保育器の使用中点検


機器管理業務

 定期点検やメンテナンスを行っています



特色

 個性の強いメンバーで、どんな状況であっても頼まれた仕事は断らないことを原則として業務を行っております。


医師支援部

業務内容

 診断書等の各種医療文書代行作成、オーダー代行入力、院内勉強会日程調整、学会資料作成補助、学会発表、受診相談、カンファレンス記録、病棟回診記録、退院サマリー代行作成、外来診療補助、症例登録(NCD・人工関節・麻酔科台帳・がん登録)など。


特色

 診療情報管理士の有資格者や保険診療請求の経験者などもおり、知識や経験を元に幅広く医師の補助を行っております。
 また、特定の科では医療機関からのご紹介に関しまして、担当のクラークまたはコーディネーターが対応しております。


一言で表現すると

 担当医の指示の下に、医師の行う診療に関する様々な事務的作業を代行し、診療を迅速かつ円滑に行えるようにサポートするコメディカル職です。


患者支援・医療連携センター

業務内容

 ベッドコントロール/入院前オリエンテーション/退院支援/受診相談/転院相談/医療福祉相談/苦情受付/紹介状管理/医療機関紹介/地域連携 他


特色

 医師、看護師、ソーシャルワーカー、事務の4職種で構成されています。業務の幅が広く、様々な相談や連絡が入ってきますが“地域住民が安心して地域医療を受けられるようにする“ことを第一に考え、日々の業務に邁進しています。


一言で表現すると

 患者さまと医療・保健・福祉をつなぎます。


医事課

 医事課の業務は主に日々の外来患者さまに対する<外来関連業務>・入院患者さまに対する<入院関連業務>・医療費の請求に係る<保険請求業務>などにより構成されております。
 外来関連業務は2号館1階、入院関連業務は1号館1階にて行っております。実際に診療に係ることはできませんが、不安を抱え来院される患者さまのお力になれるよう、よりよい医療サービス・心のこもった接遇の提供を心掛けております。
ここではそうした医事課の主な業務をご紹介いたします。


業務内容

外来業務 受付業務 各診療科の受付
保険証の確認
各種書類の申込受付
駐車券の割引手続
川崎市健診・がん検診等の受付 *
予約変更の受付
病院内のご案内・説明
会計業務 診療費の計算
診療費の精算・領収書発行
会計番号のお渡し
入院業務 入院事務手続き
入退院請求書作成・会計
予約入院の管理
保険証の確認
駐車券の割引手続
面会者のご案内
病院内のご案内・説明
保険請求業務 外来各種保険レセプト作成・請求
入院各種保険レセプト作成・請求

*事業所健診は別棟高津中央クリニックにて実施しております。

 その他にも労災請求業務・自賠責保険請求業務・統計業務など業務範囲はかなり広く、幅広い知識と経験が必要な部署です。

 医事課では診療費に関するご相談や質問などにも応じております。何かご不明な点がありましたら、受付でお気軽にお尋ねください。


診療情報管理課

業務内容

  • 診療録の保管・管理業務
  • 電子カルテ(スキャニング)業務
  • DPC(診断群分類別包括支払方式)業務
  • 統計業務(国際疾病分類:ICD-10)

特色

 事務部門の医療企画部に所属し、診療録(カルテ)をはじめとする、患者さまの情報を整理・保管し、また、迅速に提供できるよう、管理を行っています。


一言で表現すると

 日本病院会認定の診療情報管理士が、患者さまの情報を適切に管理しています。


TOPへ戻る